読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CrazyGeekの記事

17才。主にガジェット、たまに思想を「発信」

日本という国について、17歳のクソガキの私が思ったこと。

日本。

 

この言葉を聞いて、「愛」を心の中で叫んだものは何割くらいいるだろうか。

 

例えば、スポーツにおいて、日本の選手のファンが、日本の国旗を掲げる。

 

では、他に自国愛があるといえる行動をしている場面を見たことはあるだろうか。

 

日本という国は、長らく戦争をしていた時期があった。

 

かつてのこの国は、夢中で狂っていた。

 

叫んでいた。

 

日本が、日本を探していた。

 

「狂」は本当に悪いことなのだろうか。

 

その区別がつかず、分からず、

 

確かに非人道的な行いもしてきた。

 

洒落にならないこともやってきた国だ。

 

今の日本に、「暴力」はない。

 

今の日本は、鎧をかぶってない。

 

その代わり、たいそう質の良いTシャツを着ている。

 

そのTシャツ世界で一番高い。

 

質もいい。でも一度破れたら、どんな力を使っても元の状態に戻せない。

 

必死で「お洒落」を主張している。

 

が、見向きもしない者もいる。

 

蔑む者もいる。

 

質が良いものであることに妬む者もいる。

 

※17歳の私には、こう見えた。

 

私は若い。

 

まだ世の中にちらっと顔をのぞかせた程度しかない。

 

そんな私は、この日本で育ち、日本というキャンディーを舐めた。

 

舐めた。

 

苦い。

 

全然美味しくないと思った。

 

でも、今になって、少し舐め方を学び、ちょっとは日本を味わえるようになった。

 

少し大人になったのだろうか。

 

人はこれを「生きる。」という。

 

そんなこんなでだいぶん長いこと私は学校という場所で「教育」を受けてきた。

 

日本の「教育」だ。

 

皆さんは、世の中で一番恐ろしい力は何かご存じだろうか。

 

核兵器

 

いいえ。

 

ウイルス?

 

いいえ。

 

宗教?

 

おしい。

 

答えは、「教育」だ。

 

私は考えた。

 

そして、歯がゆい思いをした。

 

日本がなぜアメリカに勝てないのか。

 

中国に抜かされたのか。

 

17歳の私は考える。

 

「縦社会」

 

「タテシャカイ」

 

「たてしゃかい」

 

※17歳の私の目に映った「タテシャカイ」について言葉で表現してみた。

 

※これはフィクションであり、ノンフィクションである。

 

日本という人がアジアの極東に座っている。

 

その左側に川が流れてる。

 

そしてその向こうに、

 

日本を追い抜いた人と、日本と同じ「タテシャカイ」というリュックサックを背負ってる人がいる。

 

日本を追い抜いた人は、複雑な表情をしている。

 

ニキビがすごい。

 

毎日成長痛が来るらしい。

 

「タテシャカイ」というリュックサックを背負ってる人は、

 

荷物が重すぎて、骨が砕けそうだと言っている。

 

日本という人は、高額の骨を治す薬をあげた。

 

その人は、礼を言わなかった。

 

黙って受け取った。

 

そして、ポツリポツリと話し始めた。

 

どうやら、その人には双子がいるらしい。

 

喧嘩をしてしまい、それっきり口をきいてないらしい。

 

そして日本という人のもっと右側でみていた裕福そうな人が、

 

もっと荷物を楽に運べる最先端のバックを渡した。

 

しかし、その人は、今回も礼を言わずに黙って受け取った。

 

かつて日本という人はその裕福そうな人と喧嘩をしたことがある。

 

はじめに手を出したのは、日本という人の方だった。

 

結果、日本という人は喧嘩に負けた。

 

大やけどをした。

 

それっきり、日本という人はライターで火をつけていたタバコをやめた。

 

殴り合いにめっぽう弱いと気づいた日本という人は、急に勉強し始めた。

 

無我夢中で。

 

結果、日本という人は、裕福そうな人には勝てなかったものの、恐ろしい好成績をたたき出した。

 

そんな彼らは、今とても仲良しだ。

 

多少の上下関係は残るものの、一緒に宇宙に出かける仲になった。

 

 

今日はこの辺で終わりにしようと思う。

あまり書きすぎると、暗いトンネルから出口がなくなるから。

 

※これは、あくまで17歳の私の目に映った世界をそのまま文字化したものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

line退会した初日目の感想

私事ながら、lineを退会しました。

f:id:crazygeek:20170328170810p:plain

※今回書いていく内容はマジでどうでもいい内容なので、

ヒマしてる方のみ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

理由を3つに分けて発信していきたいと思います。

 

・一つ目

この前書いた通り、筆者はline自体が根本的に好きではないということ。

f:id:crazygeek:20170328170932p:plain

・二つ目

親友の端末が壊れ、彼がlineできなくなったこと。

f:id:crazygeek:20170328170907p:plain

・三つ目

彼女と別れたこと。

 

以上の三点になります。

 

lineを退会して感じたこと

 

まず、lineをやめて僕に訪れた世界とは、

「既読」がない世界!

f:id:crazygeek:20170328171043j:plain

いやぁ、本当にスッキリします!

筆者はガラケーを持っているので、連絡手段は一応残っています。

若干不便な点もありますが、ガラケーのSMSだけで十分です!

 

皆様、想像してごらんなさい。

あなた方を良くも悪くも常にコントロールしている、もしくは縛っているとも言える、

「既読」機能がないのです!

頭痛持ちの方なら共感していただけると思いますが、

まるで、発作レベルの頭痛がバファリン一発で効いた時のあの開放感!

f:id:crazygeek:20170328171139p:plain

 

ほかのもので例えると、

鼻毛ワックスで全部鼻毛がごっそり抜けたときのようなあの快感!

f:id:crazygeek:20170328171211j:plain

何度も言いますが、もう本当にスッとします!

まだ、初日目ということで、まだまだ様子見ではありますが、今のところ、メリットしか見つかりません。

 

※筆者は変わり者なので、周りの人とは違ったことをしたいと考える傾向にあります。

また、「常識」というものを憎んでいます。

そんな筆者にとって、今回の「line退会」という決断は自分の中では大きなものでした。

結果から言うと、大正解でした!!

f:id:crazygeek:20170328171236p:plain

あと、最大のメリットは自分の時間が増えることです!

f:id:crazygeek:20170328171320j:plain

これは本当に恩恵を受けました。

自分のやりたいことがより沢山できるのです!

 

Q:lineやめたら死にますか?

A:全然死にません!! むしろピンピンしてます!

 

筆者はlineを退会した後、鏡でふと自分の顔を見ました。

すると、どうでしょう!

そこには以前には微塵にも感じられなかった、

イキイキとした中国人の青年が立っていました!

f:id:crazygeek:20170328171551j:plain

 

皆さんも、是非「line退会」試してみてはいかがでしょうか?

 

・おまけ

そうすることで(皆さんがこの記事に共感し、lineをやめていくことで)、

少しずつネイバーのシェアは下がっていきます!

日本には、「塵も積もれば山となる」という言葉があります。

 

これは本当によく言ったもので、

塵も皆さん一人ひとりのlineアカウントが

積もれば退会していくと

山となるネイバーは倒産に追い込まれる。

という関係式が成り立つのです。

f:id:crazygeek:20170328171739j:plain

 

というわけで、今回は筆者が本日、lineを退会してみた感想についてのお話でした!

※くだらない記事を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

 

ガラホってどうよ【torque x01】【gratina 4g】【AQUOS K SHF31】【FREETEL musashi】

筆者は今まであらゆる格安端末に触れてきた人間であると自負している。

そんな筆者が今回紹介するものは「ガラホ」である。

この名前を聞いて、「知らない」という方も多いだろうから、ざっと説明していきたいと思う。

 

ガラホって何だろう?

f:id:crazygeek:20170327194330p:plain

ガラホとは、ガラケースマートフォンの間をとってつけられた俗名である。

その通り、ガラケーの見た目をしているが、中身のOSはandroidを積んでいるといったものである。

 

さて、かなり大雑把な説明になってしまったが、ガラホとはどういうものなのかという理解はしていただけたと思う。

 

日々進化しているスマートフォン

しかし、ガラケーもひっそりと恐ろしいほどの進化を遂げていたことをご存じだろうか。

 

カメラ性能が良くなった?

もちろん。

 

まさかlineできるの?

はい!

 

そうなんです。できるんです。

つまり、まだスマートフォンの普及に追いつけていない、しかし、必要最低限の足並みはそろえたい、といった方々をターゲットにした商品となっている。

 

そろそろ機種変しようかと迷っている皆さん。

たまには常識を捨ててみないか?

というわけで、今回はざっと「ガラホ」とやらの魅力を発信していこうと思う。

 

現在、AUから2017年春モデルとして発表されたtorque x01という機種が価格コムのランキングでは1位となっている。

f:id:crazygeek:20170327193619j:plain

www.youtube.com

この機種は、いわゆる「タフネスフォン」といわれるものであり、耐衝撃はもちろんのこと、防水&防塵。さらにはクマ鈴(クマと遭遇した際に有効な回避手段として使用されるもの)までも搭載した機種となっている。

 

タフネスフォンに関してはカシオが2010年に産んだG'zOne TYPE-Xという名機が有名になった。

f:id:crazygeek:20170327193658j:plain

 

今回のタフネスフォンtorque x01は京セラ製だが、レビューを見る限りはユーザーからなかなかの満足度を得ているようだ。

 

もちろんこのtorque x01も「ガラホ」なのでlineもできる機種となっている。

 

一方で、「ここまでゴツイ携帯はいらない。」と思っている読者も少なくはないだろう。

 

そんな方々向けにはgratina 4gという機種がある。

f:id:crazygeek:20170327193744j:plain

www.youtube.com

こちらはなかなかポップなデザインに仕上がっており、カラーバリエーションにも富んだ製品といえるだろう。

 

私は先ほど、「ガラホはandroid搭載機だ。」と述べた。

 

それは事実である。

 

しかし、ガラホに搭載されているandroidには、必要最低限のスペックでもサクサク使えるようにと、androidはベースになっているものの、スマートフォンに搭載されている機能とは異なり、少々機能を省いているとはいえるだろう。

 

例えば、ガラホではGoogleプレイストアが使えない。

その代わり、オリジナルのアプリストアが入っている。

※ほとんどのガラホにはlineはプリインストールされているのでご安心を。

 

また、ガラホにはネットブラウザをスムーズに行うためにハードキーがタッチパネルになる機能が搭載されているモデルが多い。

 

例えば、AQUOS K SHF31というモデルには、「タッチクルーザーEX」という機能が搭載されいる。

f:id:crazygeek:20170327193828j:plain

www.youtube.com

また、スペック面について筆者は相当調べたが、基本的にどの機種もスペックに大差はないように感じた。

基本的にメモリは1GB 。しかし、androidベースといえど、余分な機能を省き、必要最低限の機能のみを兼ね備えているので、このメモリ1GBという数値はそこまで問題ではないと思われる。

 

今や、世の中、みんなスマホ

電車でもみんなスマホ

そんな中、一人ガラホをいじっていると、強烈なオーラを放てることは間違いない。

私は、アリだと思っている。

筆者はガラホについて、

「時代に流されない。しかし、必要最低限、現代における情報化社会に足並みはそろえている端末。」

というように言及したい。

 

また、ガラホのandroidスマホ同様の機能をすることはできないと前述した。

その事実に少し不満を持った読者もいることだろう。

そんな方々に筆者がオススメなのが、FREETELの「musashiである。

f:id:crazygeek:20170327194011j:plain

この端末はなかなかの「変態端末」と称される端末だ、と言われている。

しかし、変態端末をこよなく愛す筆者からすれば、ネタ機でも何でもない、立派な端末だというように把握している。

 

このmusashiの最大のメリットは、androidの全機能が使えること。

そして、musashiという名前の通り、画面が二つあるというもはや二刀流の端末だといえる。

 

しかし、4インチというサイズがどうもなかなか中途半端な大きさのようで、ガラホやガラケーと比べたら、大きいにも関わらず、スマートフォンと比べたら若干小さいといわれる部類に入る端末である。

 

現在、値段が発売当初と比べると、かなり下落しているので、

ガラケーに戻りたい。でもスマホとしても使いたい。」

「変態端末が単純にほしい」

「物理キーが恋しい」

といった方々にはよい端末といえるかもしれない。

 

筆者もそうだが、「スマホもいいけど、物理キーが恋しい」といった方々も少なくはないだろう。

 

そんな方々に紹介したい端末を今回は紹介させていただいた。

 

 

 

【閲覧注意】lineが嫌いな筆者。みんな大好きline。

さて、今日は私事の話をさせていただこう。

f:id:crazygeek:20170327133052p:plain

筆者はlineが嫌いだ。

理由は腐るほどあり、5時間は語れる自信がある。

しかし、lineは便利だ。

それは認める。

では、筆者が嫌いな理由のうち、5個を抜粋して記事を書いていきたい。

※読者の中で、lineニキ、またはネイバー中の人がいれば直ちにブラウザバックすることを強くお勧めする。

 

一つ目。

「既読」機能。

f:id:crazygeek:20170327133120p:plain

この機能について、lineは東日本大震災の時に非常に有効な手段だったと述べている。

さて、確かにあの時は便利だったかもしれない。

しかし現在において、ごく普通の生活において、あの機能は必要だろうか。

全くもって要らない。

必要ない。

ストレスがたまるだけの糞機能。

 

【閲覧注意】筆者のグチ。

最近ではこのような「既読スルーは犯罪です」といわれるような文句が書かれたイラストまでよくネットで見かけるようになった。

糞ネイバー株式会社。何様だよアホ。

何が犯罪?勝手に法律作んな。

犯罪(個人情報流出)してんのはお前らの方だろォ。

f:id:crazygeek:20170327133827j:plain

 

二つ目。

個人情報流出しまくり。

f:id:crazygeek:20170327133151j:plain

 

世の中には、今やたくさんのSNSであふれている。

ヨーロッパ圏ではWhatsApp

アジアでは、line、カカオトーク(←これも糞)

中国ではWeChat

 

たくさんのSNSが出回っている中で、

lineとカカオトークが一番腐っている。

そもそもデータの流出はおろか、lineは韓国企業ネイバーの100%子会社であるため、

情報がすべて韓国に流れてるといっても過言ではない。

 

カカオトークを若干ディスった筆者だが、理由がある。

カカオトークを使用している人なら、lineと似ているなと一度は思ったことがあるだろう。

理由は簡単だ。作ってる会社が同系列の会社であるからだ。

そもそもlineがリリースされた当初の一番初めのOSでは、言語選択に日本語がなく、韓国語であったことからも、間違いなく韓国企業が出したソフトであることがわかる。

 

三つ目。

システムが終わっている。

f:id:crazygeek:20170327133223p:plain

中国ではこの前まではQQといわれるSNSがほとんどのシェアを占めていたが、

現在ではWeChatが使われてる。

こちらは、スタンプは基本的にすべて無料。

また、ショッピングなど、たくさんのサービスがあり、拡張性に富んでいる。

さて、lineはどうだろうか。

ショッピングあります。lineミュージックあります。

しかし、これらは「一応」あります。であって、わざわざ定額料金を払って利用しているユーザーは少ないだろう。

 

四つ目。

禿げ頭がウザすぎる。

f:id:crazygeek:20170327133308p:plain

これは、私の友人もよく言っていることである。

lineにはいくつかのオリジナルキャラクターが出てくる。

見るだけで感情が伝わりやすいようにというコンセプトで作られたキャラクターなのであろう。

しかし、本当にウザい。

まるで「ソーシャルネットワークって楽しいよ?ね?」と言い聞かせ、使用者を洗脳し、イエスマンを作りあげているようにしか見えない。

 

共感してくれる人もいるはずだ。

 

五つ目。

音がウザい。

f:id:crazygeek:20170327133337j:plain

初期状態で入っている音が半端なくウザい。

ごめんなさい。ネイバーさん。洗脳音楽にしか聞こえません。

なにが「line♪」ですか?「ポキポキ」ですか?

これでみんな楽しんで使用できてると思いますか?

大多数の人はそうだろうね。

しかし、中には筆者のような人もいることをお忘れなく。

 

まとめ。

一刻も早くこの世の中からネイバー株式会社が倒産しますようにと、私は毎日祈っております。

あなたたちが作ったまとめサイト。「NEVER まとめ」は広告入れすぎです。

次の七夕には、「ネイバー」が早く倒産しますようにと、書く予定です。

f:id:crazygeek:20170327133026p:plain

どうですか?ロマンチックでしょ?

 

糞くらえ。

 

 

 

 

 

 

 

もう時代はRAM3GB搭載が当たり前?!【HUAWEI nova lite】

今価格コムのランキング1位の機種をご存じだろうか。

iPhone

いいえ。

galaxy? Xperia

いいえ。

 

答えはHUAWEIのnova lite。

f:id:crazygeek:20170326185332p:plain

なんといってもsimプランとセットで購入すると本体価格が2万円を切るという端末。

 

ここまでの話を聞いて、低スぺ端末なんだろ?とお思いになった方もいるかもしれない。

 

しかし、この端末、この価格帯にしては恐ろしいほどのスペックを持つ。

 

Android7.0 ヌガー搭載はもちろんのこと、

 

CPU:Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4x1.7GHz)

RAM:3GB

ROM:16GB

バッテリー:3000mAh

 

どうだろうか。

RAM3GBである。

しかし、これはnova liteに限った話ではなくなってきているのである。

ASUSなどの中華メーカーは、この価格帯で余裕で3GBを搭載してくる時代になったのである。

 

現在筆者が使用しているのが、P8 liteという機種である。

f:id:crazygeek:20170326185413j:plain

こちらもHUAWEIの製品となっており、発売された2015年には

価格コムにおいて、ランキング1位に輝いたという実績を残している。

現在2017年においても、新作P9、P9 liteが発売されたにもかかわらず、

30位後半にとどまっているという、simフリー端末に詳しい方なら知らない者はいないといえる、言わずと知れた神機である。

 

そんな筆者が使っているP8 liteだが、こちらはROM16GBはnova liteと変わらないが、

ROMは2GBである。

それでも、いまだにサクサク動いている。

(裸族なので外装は傷だらけだが。)

 

HUAWEIのスマートフォンにおいて、最大の特徴はEMUIだと私は自負している。

f:id:crazygeek:20170326185455j:plain

このUIはHUAWEIが独自に作り出したUIであり、一刻も早くGoogle依存から抜け出すために、Googleとの関係に亀裂が入った時のためにということでも作られている。

 

EMUIは若干〇ppleのパクリっぽいデザインではあるが、ベタなandroidというイメージではなく、どちらかというと、シンプルでかつ、洗練されたような仕上がりになっているUIである。

 

こんなHUAWEIだが、筆者が気がかりに思う点が2つだけある。

 

メリットについては大手メディアが説明してくれているので、

当ブログでは、デメリットについて話しておこうと思う。

 

・バッテリーの持ちが悪い

f:id:crazygeek:20170326185525j:plain

今回のnova liteに関してはバッテリーを3000mAh積んできているということで、心配ないかもしれないが、かれこれ2年ほど使い込んでいる筆者のP8 liteは2200mAhとなっている。

もともとバッテリー容量が少ないうえに、かなり使い込んでいることもあり、バッテリーの持ちに関してはかなり問題となっている。

また、このP8 liteは自分でバッテリー交換はできない。

HUAWEIのバッテリー交換サービスに依頼するしかないのである。

しかし、なかなかお高いので、バッテリー交換するくらいなら、新機種を購入するほうがベターではないかとは考えている。

 

・CPUをなぜsnapdragonにしない?

f:id:crazygeek:20170326185617p:plain

HUAWEIのnova lite、P9 lite、P8 liteには、KirinといわれるCPUが搭載されている。

ほとんどの人気な格安スマホsimフリースマホにはsnapdragonが搭載されている中、HUAWEIはkirinというCPUを使っている。

 

性能が悪いとは感じないが、少なくとも、P8 liteユーザーから考えれば、P9 liteとCPUに関しては大幅アップしたとは言えないんじゃないかと思ってしまう。

 

日常的な使用に関しては問題ないが、筆者は今のところkirinというCPUを搭載している端末はHUAWEI製以外見たことがない。

 

デメリットは以上である。

(いや、後者はデメリットとまでは言わないか。)

 

そんなこんなでnova liteは非常に扱いやすい端末となっているだろう。

 

現在、私が自信をもってオススメできる一つの端末である。

 

consumer.huawei.com

 

ブス面に生まれたほうが圧倒的に強い理由

世の中にはたくさんの顔がある。

それは能力ではない。

しかし、一つのスキルとして使える顔を生まれ持って使っているものがいる。

俗にいう、イケメンである。

f:id:crazygeek:20170325223025j:plain

 

では、まずこの話をする前に、筆者の顔面スペックについてさらっとおさらいしておこう。

筆者はよく「中国人観光客」といわれるCPU(顔)を持っている。

f:id:crazygeek:20170325223209j:plain

しかし、中国人観光客なしに今の日本の観光産業は成り立つだろうか。

答えはNO。

 

成り立たない。

皆さんの中には、「爆買い」という言葉を聞いた方がいらっしゃるかもしれない。

そう、言葉の通り、すごい量を買う行為である。

しかし、これは決して悪いことではない。

むしろ彼らがいないと景気は回らない。

景気を作り出す者。それは金の神様とよばれる。

 

つまり、私の顔は、神様なのである。

 

そのことを踏まえて、筆者が神様的存在意義を持つ顔面を搭載しているということを前提に話を進めていきたい。

 

確かに、イケメンには異性がたかる。

それは自然の摂理である。

でも残念だったね。イケメン諸君。

イケメンにたかった来る異性には、面食いといわれる生物も含有量として含まれている。

 

すなわちどういうことか、この記事を見てらっしゃる方で混乱した方もいるだろう。

なぜなら、今私が持っている新常識を皆さんと共有する。

そのコミュニケーション(意思疎通)に多くの者が圧倒されているからだ。

 

まとめると、ブス面には、その人を心の底から思っている異性が寄ってくる。

含有量は、100%である。

つまり、ブス面にはろ過機能付き浄化装置が搭載されているといっても過言ではなかろう。

f:id:crazygeek:20170325223314g:plain

 

この機能はイケメンには初めからプログラムされていない。

 

コミュニケーションがうまい、饒舌なブス面。

これこそが、人間界において地上最強の生き物である。

f:id:crazygeek:20170325223402j:plain

 

 

 

商売と研究は紙一重で大違い

商売

それは、「いかに人々が買ってくれるものを生産するか」が肝となるものである。

実際に、このジャンルの職業で飯を食ってる人間が世間には大勢いる。

いや、一番多い割合を占めるかもしれない。

 

研究

それは、「探求の結晶」であると私は考える。

研究にも様々な分野に細分化されるが、

有名なものでいうと、医学。

他にも山ほどジャンルはある。

 

私が今回指摘したいのは、「商売」と「研究」を勘違いしてしまっている企業に対する警告である。

 

今、世の中は「便利」の文字が浮き出ている。

そう、どこへ行っても。

今の暮らしから過去の暮らしに今の一個体の人間が戻った時、

果たして過去の風習や習慣になれることができるだろうか。

私は断言する。

できない。

 

なぜそう言い切れるのか。その答えは、

「人間は一度知った便利や興奮は、もう忘れることができない生物だからである。」

 

ここで、ある例えを出そうと思う。

 

研究が進んだ結果、透明の花ができたと仮定する。

その花は本当に透明で、輪郭線も見えない。

触れると初めてそこに「ある」ということがわかるが、

触れるという行為をしない限り、人間の目では、鼻では、

そこに花が「ある」ことに気づけないのである。

 

果たしてこの花、売れるだろうか。

確かにマニアにとっては心躍る商品価値があるかもしれない。

しかし、この透明な花は、花においての最大の商品価値である「鑑賞」という機能が完全に欠如している。

 

結果、私は売れないだろうと確信をもてる。

 

現代社会のテクノロジーにおいて、私が一番指摘したいのはそこなのである。

 

今、たくさんのガジェットを生み出す人がいる。企業がある。

 

しかし、売れなきゃ意味がない。

 

ここで、皆さんに一つの表を見てもらいたいと思う。

f:id:crazygeek:20170325171705j:plain

Appleがシェアのほとんどを日本で占め、自国アメリカでは43%という結果となっている。

 

理由は様々だ。

よくメディアではこう言われている。

「高いから、売れない。」

確かにそれも一理あるだろう。

 

しかし、私は大手メディアとは違う観点でこの表を見てみた。

そうすると、Androidの戦略が見えた。

Androidはなぜここまでシェアを誇っているのか。

それは、

「人々が必要としているものを、機能を、売りにしているからである」

だから売れる。

それが商売の基本である。

商売と研究は、特に科学技術、テクノロジーの分野では紙一重に見える。

しかしそれは大違いだ。

 

本当に人々が薄さを求めているか、機械としての美を求めているか。

あぁ、求めているだろう。

しかし、大多数の人々が本当に求めているのはそこではないのではないか。

 

ニーズに合わせたものを作る。造る。

それこそが、商売の原点であり、悦びである。

 

※これはあくまで私の意見である。

※参考程度に、「こんな考えを持つ者もいるのだな。」という程度に見ていただけると有難い。