読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CrazyGeekの記事

17才。主にガジェット、たまに思想を「発信」

【閲覧注意】lineが嫌いな筆者。みんな大好きline。

さて、今日は私事の話をさせていただこう。

f:id:crazygeek:20170327133052p:plain

筆者はlineが嫌いだ。

理由は腐るほどあり、5時間は語れる自信がある。

しかし、lineは便利だ。

それは認める。

では、筆者が嫌いな理由のうち、5個を抜粋して記事を書いていきたい。

※読者の中で、lineニキ、またはネイバー中の人がいれば直ちにブラウザバックすることを強くお勧めする。

 

一つ目。

「既読」機能。

f:id:crazygeek:20170327133120p:plain

この機能について、lineは東日本大震災の時に非常に有効な手段だったと述べている。

さて、確かにあの時は便利だったかもしれない。

しかし現在において、ごく普通の生活において、あの機能は必要だろうか。

全くもって要らない。

必要ない。

ストレスがたまるだけの糞機能。

 

【閲覧注意】筆者のグチ。

最近ではこのような「既読スルーは犯罪です」といわれるような文句が書かれたイラストまでよくネットで見かけるようになった。

糞ネイバー株式会社。何様だよアホ。

何が犯罪?勝手に法律作んな。

犯罪(個人情報流出)してんのはお前らの方だろォ。

f:id:crazygeek:20170327133827j:plain

 

二つ目。

個人情報流出しまくり。

f:id:crazygeek:20170327133151j:plain

 

世の中には、今やたくさんのSNSであふれている。

ヨーロッパ圏ではWhatsApp

アジアでは、line、カカオトーク(←これも糞)

中国ではWeChat

 

たくさんのSNSが出回っている中で、

lineとカカオトークが一番腐っている。

そもそもデータの流出はおろか、lineは韓国企業ネイバーの100%子会社であるため、

情報がすべて韓国に流れてるといっても過言ではない。

 

カカオトークを若干ディスった筆者だが、理由がある。

カカオトークを使用している人なら、lineと似ているなと一度は思ったことがあるだろう。

理由は簡単だ。作ってる会社が同系列の会社であるからだ。

そもそもlineがリリースされた当初の一番初めのOSでは、言語選択に日本語がなく、韓国語であったことからも、間違いなく韓国企業が出したソフトであることがわかる。

 

三つ目。

システムが終わっている。

f:id:crazygeek:20170327133223p:plain

中国ではこの前まではQQといわれるSNSがほとんどのシェアを占めていたが、

現在ではWeChatが使われてる。

こちらは、スタンプは基本的にすべて無料。

また、ショッピングなど、たくさんのサービスがあり、拡張性に富んでいる。

さて、lineはどうだろうか。

ショッピングあります。lineミュージックあります。

しかし、これらは「一応」あります。であって、わざわざ定額料金を払って利用しているユーザーは少ないだろう。

 

四つ目。

禿げ頭がウザすぎる。

f:id:crazygeek:20170327133308p:plain

これは、私の友人もよく言っていることである。

lineにはいくつかのオリジナルキャラクターが出てくる。

見るだけで感情が伝わりやすいようにというコンセプトで作られたキャラクターなのであろう。

しかし、本当にウザい。

まるで「ソーシャルネットワークって楽しいよ?ね?」と言い聞かせ、使用者を洗脳し、イエスマンを作りあげているようにしか見えない。

 

共感してくれる人もいるはずだ。

 

五つ目。

音がウザい。

f:id:crazygeek:20170327133337j:plain

初期状態で入っている音が半端なくウザい。

ごめんなさい。ネイバーさん。洗脳音楽にしか聞こえません。

なにが「line♪」ですか?「ポキポキ」ですか?

これでみんな楽しんで使用できてると思いますか?

大多数の人はそうだろうね。

しかし、中には筆者のような人もいることをお忘れなく。

 

まとめ。

一刻も早くこの世の中からネイバー株式会社が倒産しますようにと、私は毎日祈っております。

あなたたちが作ったまとめサイト。「NEVER まとめ」は広告入れすぎです。

次の七夕には、「ネイバー」が早く倒産しますようにと、書く予定です。

f:id:crazygeek:20170327133026p:plain

どうですか?ロマンチックでしょ?

 

糞くらえ。